高い合格実績を誇る看護予備校・医療予備校、マンツーマン教育社(大阪・天王寺)です。「Q & A」はこちらから。

マンツーマン教育社

06-6771-6318

Q & A

Q & A

HOME > Q & A

Q & A

本予備校にご入学される前によくあるご質問をまとめています。

1. 高校を卒業してから10年以上もブランクがありますが勉強についていけるでしょうか?
その人の努力、能力によるのは当然ですが、当予備校は基礎から丁寧に何度も反復指導をし、過去問題も豊富にあります。
当校から41歳で国立の高看に入学された方もいらっしゃいます。看護師志望の方が、どうしても高看の授業についていけないときは、准看コースにテキスト代だけで移ることも可能です。
ですから、まず、はじめてください。何もせず、時間だけが過ぎるパターンからは何も生まれません。
2. 面接が苦手です。どんなことを聞かれますか。入試は面接で決まりますか?
質問の代表例は「なぜ看護師を目指したのですか」と「なぜ、この学校を受験したのですか」です。この二つには明確に答えられるようにしておくこと。後はたくさんの質問例がありますが、当予備校では過去の質問例を学校別にまとめてあり、ゼミ入学者には全員にお渡しします。
また、面接では、入学試験はできていても、医療人には向いていないと判断された人を落とす意味合いのほうが強いようです。
ですから、面接で問題がなければ、学科のテストの成績順ということになるでしょう。ただ推薦入試、社会人入試では、面接の比率が高くなるので、その対策はさらに重要になります。
当ゼミでは、その辺の面接指導もキッチリ行います。
3. 貴校の特色(本予備校の特色)を教えてください。
当校は週4時間授業を基本にしており、准看2クラス・高看2クラスを用意しております。
『週4時間だけで本当にそれで大丈夫?』という不安の声をいただきますがご安心ください。毎回、漢字・英単語等の小テストがあり、密度の濃いプリント類も配布し、たくさんの過去問題で仕上げますので、休まず出席する人は必ず力がついていきます。何より、実績が物語っています。しかも、講師陣も熱心で丁寧!
※当予備校は、3年制の看護専門学校、2年制の准看護学校受験希望の方を対象にしております。
4. 貴校の合格率(合格実績)はどれくらいですか。
・看護受験においては、毎年80%前後の合格率です。ただし、ゼミ出席率8割以上の人に限っての数字です。
・年齢も高看で48歳、准看では58歳の合格者もでています。
最後に、国家試験対策の冬期講習会と直前講習会の参加者は、ほとんど合格しています。
5. 英語がとても苦手ですが、入試では足切点はあるのでしょうか。
一般入試においては、たとえば英・数・国3教科受験の学校では3教科の合計点で合否を決めるのがほとんどです。しかし、英語が0点では、他の2教科がいくらできていても合格は無理かもしれません。
6. 私は母子家庭で、まだ子供が小さいのですが入試に不利ですか。
面接の時、「そんな小さな子供がいて大丈夫ですか」とか「子供が熱を出したりしたらどうするのですか」などと、質問をされることがよくあります。実際に不利なのかどうかは分かりませんが、少なくとも有利にはなりません。ゼミではそんな質問への対処法も面接指導で細かく行います。また、受講料等もご相談ください。
7. 高校時代、欠席日数が多かったのが心配なのですが。
欠席にもいろいろなパターンがあるので一概には言えませんが、欠席日数が多いのは確かに印象が悪くなります。欠席理由も聞かれますので、その対処法を講じるのは大切なことです。ゼミでは、そのような個人的な問題にもしっかり対応して行きます。
8. 受験した学校に小論文があります。文章を書くのが苦手ですがどうすればよいでしょうか。
ゼミの国語の時間内にも小論指導の枠があり、要点説明と実際に書いてもらって評価する内容が何度かあります。小論・作文はとにかく書いてみてもらうことが一番ですので、ゼミとは別に通信添削講座の小論文・作文コースを取り10回くらい提出すればかなり上達すると思われます。実際そうされている方が多く、また合格に結びついています。
9. 字の書き方に癖があります。入試では不利になりますか。
普段、どんな字を書いてもそれはその人の個性なので自由です。しかし、入試の作文・小論文と漢字テストにおいては手に力を入れてキッチリ書かないと点になりません。特に漢字テストでは自分では○のつもりでも、実際には×のケースがよくあります。
当校では毎週行う漢字テストで神経質な程、しっかり採点し、入試当日どんな先生が採点しても文句の出ない字が書けるようにします。当校に入学して漢字の書き方がまったく変わったという人が毎年たくさんいらっしゃいます
10. 商業科の出身です。高校時代、数学の時間が少なかったのですが、入試では不利になりますか。
商業科出身だからといって入試で不利になることは全くありません。ただ、学校で習っていないことが出題されることが予想されますので、当ゼミでその辺を補ってください。
11. 准看が廃止されるという噂ですが、いつ廃止になるのですか。
随分前に2005年をメドに准看養成を停止したい意向が発表されたことがありましたが、その後何も決まっていません。今年も大阪府下だけでも10校の准看学校で入試がありましたし、平成14年度から質のよい准看を育てるという目的で新カリキュラムに移行し、授業時間も増えています。
仮に養成が停止になっても准看資格を無効にするものではありませんので、経済的・学力的・年齢的に高看入学が難しい人は安心して准看を受験して下さい。卒業後の就職率もほぼ100%です。
12. 准看学校の倍率と貴校の合格状況を教えて下さい。
受験倍率は大阪府下で3.5〜5.0倍です。したがって、しっかり勉強した人でないと合格できません。また、高看の数学と准看の数学は全く別なものですので、高看の数学をしていても、准看入試には役に立ちませんのでご注意ください。
ですから、准看学校を受験するのであれば准看に的を絞った勉強が必要です。当ゼミからの今年の准看学校入学者は53名です。
13. 年齢的には何歳くらいまで合格可能ですか。
高看学校でも年齢制限を設けている学校はほとんどないと思います。しかし、実際には30歳以上は無理で、ほとんどが高校新卒か20歳位までという学校もあります。40歳を過ぎても合格できる学校と、そうでない学校などの情報も当ゼミでは提供しています。ちなみに、当予備校からの高看合格最高齢は48歳です。
准看学校では年齢的に関係なくテストの結果次第という学校がほとんどです。当予備校の最高齢合格者は、58歳です。
14. 貴校は受講生の数が大変多いと聞きましたが、少人数ゼミのほうが良いのではないですか。
どちらにも利点があります。当校では、中学、高校と同じように1クラス30〜50人が集まって真剣に受験に取り組んでいます。その雰囲気の方が刺激を受け、全体のレベルは上がると考えているからです。また、大人数ゼミでは、生徒間の情報交換も盛んになり、いろいろな話が聞け活気が出ます。
よく教師の目が行き届かないのでは?と言われますが、それは教師の質の問題で、10人でも50人でも関係ありません。また、質問にも授業の前後で納得いくまで答えられます。
当校では、1クラス30〜50人がベストと考えます。
15. 夏期講習・冬期講習への参加は必要ですか。
夏期講習(8月頃)は、勉強への習慣付け、また数多くの問題に当たるということでも意義があると思います。しかし、受験直前の冬期講習(12月下旬)はかえって、あれもこれもできないということで自信を失うことにもなりかねません。入試直前は新しい問題を教えてもらうのではなく、今までやった問題を自分でもう一度しっかりやり直す、そういう時間に使うほうがはるかに力がつきます。
したがって、当予備校では夏期講習会は実施しますが、冬季講習会は行っておりません。また、准看に的をしぼっておられる方は通常ゼミだけで充分ですので無理に夏期講習会に参加されることはありません。
16. 他の予備校に比べて授業料が安いのはなぜですか。
昭和59年4月に関西で最初に開校した看護医療系の専門予備校ですので、当初、一人でも多くの人に来てもらいたい、役に立ちたいと思い、安く料金を設定しました。その後、大きな値上げもせずに現在まで続けています。
お問い合わせ、ご相談はこちら

看護予備校・医療予備校のマンツーマン教育社(関西) 看護予備校・医療予備校のマンツーマン教育社(関西)ページトップへ

  • 看護師 受験の傾向と対策
  • 看護学校受験情報
  • 合格実績
  • 一般入試の試験範囲
  • 入学試験対策
  • 看護学校受験夏期講習
  • 看護師国家試験対策
  • 基礎計算練習ダウンロード
  • 必修確認テストダウンロード
  • 看護系・医療系通信教育