看護学校一般入試の試験範囲は、高い合格実績を誇る看護予備校・医療予備校、マンツーマン教育社(大阪・天王寺)へ!

マンツーマン教育社

06-6771-6318

看護学校一般入試の試験範囲

看護学校一般入試の試験範囲

HOME > 看護学校一般入試の試験範囲

看護学校一般入試の試験範囲

看護学校受験−准看−

看護学校受験の国語(准看)

長文読解・漢字・四字熟語・慣用句・文学史が中心。文法は品詞分類など基礎的なものが出題され、古文は一部の学校のみで、漢文はまず出題されません。

長文読解
配点が多くなり合否の境目と言える。対策としては、何か書き込めば部分点が見込めるので、まずは、答えを埋めるという習慣をつけること。学校によっては時間が足りないほどの出題もあるので、後回しにした方がよい場合もある。
漢字
手に力を入れてきっちり書くことが大切。トメ、ハネをしっかり書く習慣をつけないと入試では紛らわしいものは、全てペケにされてしまう。
四字熟語・文学史
暗記ものなので、時間と努力を要するが、これで点が取れないようでは合格は無理と心に誓って勉強に取り組んでもらいたい。確実に点を稼げる問題です。

看護学校受験の数学(准看)

准看の合否はほとんどこの数学の出来具合にかかっていると言ってもいいでしょう。准看学校の出題範囲は、中学程度もの。高看受験の数TAと比べて、「浅く広い」知識が求められます。

計算問題
出題の中心は正負の数・文字式・方程式・ルート・因数分解・二次方程式など。中には、計算分野だけで配点の50%を占める学校もある。
文章問題
食塩水は多くの学校で毎年出題されている。
関数と確率
確率はサイコロを使った出題が最も多い。関数は一次関数と二次関数の組合せが多い。
図形分野
三平方の定理が中心。また、角度、面積、体積も出題される。

その他、公式の確認問題(たとえば八角形の内角の和)なども出題されます。証明を全部書かなければいけない問題はあまり見られない。
高看の数T・数Aをしておけば、准看の数学にも対応できると考えている人もいるが、実際はそうではない。高看と准看の数学は、まったく別物と考えておいた方がいいでしょう。准看を受ける人は中学数学をしっかりと勉強してください。

看護学校受験−高看−

看護学校受験の国語I・U(高看)

国語の問題は大きく分けて、暗記事項(漢字、文学史、ことわざ等)と理解事項(文章問題の読解や記述問題)があります。

暗記事項
文字通り覚えていないと絶対に得点できません。毎日コツコツ覚えていくしかないでしょう。
理解事項
この問題こそが、ゼミで学ぶことで得点アップにつながります。

学校によって出題傾向がかなり異なりますが(例えば、全てマークシート、古文が出題される、文法・文学史がよく出題される等)、3〜5校ぐらい受験する人が多いので、やはり満遍なく勉強することを心がけましょう。

看護学校受験の英語I・II(高看)

出題形式は、長文、文法、英作、発音・アクセントが4つのメインの柱。そのうちかなりの比重を占めるのが最初の三つ(長文、文法、英作)。
長文読解では、語彙力が問われる。しかし、分からない単語があっても理解できる箇所をキチッと読みこなせば、ある程度推測できます。
普段から、医療や社会問題全般に積極的な興味を持っていれば、対処できるものです。

看護学校受験の数学I・数A(高看)

基本的な問題が中心で、入試問題の大半は、教科書や医療系入試問題集の例題的な問題が多く出題されています。逆に、証明問題や図形を絡ませたような難易度の高い問題は、あまり出題されない傾向にあります。また、出題されたとしても、合否にはあまり関係がないように思われますので、基本的な問題を確実に得点することが重要です。
一般的な数IAについての出題範囲は次の通り。

最も多く出題される問題
二次関数の範囲のうち、頂点を求める変形を使った基本的な問題や最大・最小を求めていくもの。時々、最大・最小の問題で少し難易度の高い問題が見られますが、特に気にかける必要はありません。基本問題を確実に得点するほうが重要です。
確率と三角比
三角比の計算は複雑ですが出題パターンが決まっていますので、確実に点数を稼げます。よって、三角比の範囲に時間を割いた方がよいでしょう。よく出題されるのは余弦定理、正弦定理、面積の公式を使う問題。三角比の全体の90%以上を占めています。

確率の問題では、順列、組み合わせ、確率および期待値の問題が均等に出題されています。難しいものや解いた事のないような問題は後回しにし、時間の浪費がないように心がけましょう。
総合点が合否を決めることを念頭におき、問題全般を見て確実に得点できる問題から取りかかるようにしましょう。
数と式
基礎的な計算問題や因数分解が中心です。また、数列の範囲も数Aの範囲ですが、出題範囲から削除されている場合があるので注意が必要。志望校の出題範囲にまったく含まれないのであれば、ほかの範囲に時間を割くほうが得策です。

最後に、簡単そうな問題に見えても、案外と実際のテストでは高得点は取れないものもあります。難しい問題にばかり目を向けず、簡単そうな問題にこそ時間をかけ、確実に得点を重ねて行くのが合格への近道です。

看護学校受験の小論文・作文(高看・准看)

看護学校受験の小論文(高看科)小論文は、合否を左右する大切な科目といえます。面接と同じくらい自分自身を積極的にアピールできる場だと考えてください。勉強方法によっては短時間で成績アップも期待できます。
初心者の方は、まず形式面として、原稿用紙の使い方、段落分け、起承転結、言葉の使い方を知っておきましょう。
また、いきなり書くのは難しいでしょうから、まずは多くの合格答案と不合格答案を読み、合格答案のイメージをつかんでください。そしてゼミや通添コースで実践練習を積みましょう。
合格レベルに達するには、まずは自分で何通りか書いてみることが必須です。

お問い合わせ、ご相談はこちら

看護予備校・医療予備校のマンツーマン教育社(関西) 看護予備校・医療予備校のマンツーマン教育社(関西)ページトップへ

  • 看護師 受験の傾向と対策
  • 看護学校受験情報
  • 合格実績
  • 一般入試の試験範囲
  • 入学試験対策
  • 看護学校受験夏期講習
  • 看護師国家試験対策
  • 基礎計算練習ダウンロード
  • 必修確認テストダウンロード
  • 看護系・医療系通信教育